海外製エアソフトガンをお持ちで(動かない、飛ばない、)などの話を良く耳にします。残念ながら海外製エアソフトガンのクオリティーは低く、箱だしですぐに使用出来る物の方が少ないのが現状です。また、同じメーカーなのに「今回はここはOKだけどここがダメ」といった具合に個体差が激しく、調整も1丁1丁違う調整を行わないといけない様な完成度が多いです。当店では20年間で培った技術と知識を生かし、エアソフトガンの再調整やカスタムを行い、本来の性能を引き出す作業を行っています。
お困りのお客様、お気軽にお問い合わせ下さい。

2016年02月19日

GPR-Eコスタモデル搭載SR16E3内部仕様決定!

先日のVFC SR16カービンにGPR-Eコスタモデルを搭載した銃の内部仕様は・・・









ちょ~贅沢!








・ギアセット: LAYLAXダブルトルクギアセット
・シリンダー: LAYLAXハードシリンダーTypeA
・シリンダーヘッド: LAYLAX VerⅡ用エアロシリンダーヘッド
・ピストンヘッド: LAYLAX ベアリング付きピストンヘッドPOM(ジュラ)
・ピストン: LAYLAX ハードピストン
・SP: CZオリジナルM90SP
・配線: テフロンコード


SPガイド・エアシールノズル・タペットプレートはVFC純正

他、DTMを搭載!もちろんトリガーストロークも詰め、トリガーフィーリングを向上させまっす!
また、チャンバーもLAYLAXメタルチャンバーNEOを組み込み、耐久性・命中精度を上げます。
それに、モーターはマルイのサマリウムモーターを入れちゃいまっせ!!

っとこんな感じで、内部パーツはほぼLAYLAX製です。
なんでかって?










絶対の信頼があるからさ!!(^。^)y-.。o○












ロングレンジ対応の銃に仕上げる予定です。








凄いの・・・ね(●^o^●)









完成しましたらお知らせ致しますのでお楽しみに~!








同じカテゴリー(カスタム日誌)の記事画像
KRYTAC LVOA分解手順~其の壱~
G&G G2メカBOXを開けてみたぞ!
トリガーショートストロークパーツ組込
TRIDENT ALPHA CRBカスタム
krytac Mk2 CRB メカBOX分解
攻殻機動隊 シュレーディンガー製作!
同じカテゴリー(カスタム日誌)の記事
 KRYTAC LVOA分解手順~其の壱~ (2018-03-27 16:09)
 G&G G2メカBOXを開けてみたぞ! (2018-03-21 15:44)
 トリガーショートストロークパーツ組込 (2018-03-16 21:10)
 TRIDENT ALPHA CRBカスタム (2018-02-23 20:53)
 krytac Mk2 CRB メカBOX分解 (2018-02-16 17:34)
 攻殻機動隊 シュレーディンガー製作! (2016-04-26 17:13)

Posted by 店長  at 18:46 │Comments(0)カスタム日誌

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。