海外製エアソフトガンをお持ちで(動かない、飛ばない、)などの話を良く耳にします。残念ながら海外製エアソフトガンのクオリティーは低く、箱だしですぐに使用出来る物の方が少ないのが現状です。また、同じメーカーなのに「今回はここはOKだけどここがダメ」といった具合に個体差が激しく、調整も1丁1丁違う調整を行わないといけない様な完成度が多いです。当店では20年間で培った技術と知識を生かし、エアソフトガンの再調整やカスタムを行い、本来の性能を引き出す作業を行っています。
お困りのお客様、お気軽にお問い合わせ下さい。

2016年01月30日

G&G プレデター修理

今回のカスタムはG&G プレデターで~す!


なんせ軽い!そしてFCU搭載なので「セミ」「バースト」「フルオート」が楽しめます(*^_^*)



んで、今回の依頼は・・・

7.4Vリポで動かすと「動かなくなる。」、購入した所で聞いてみると「11.1Vで動かして下さい。」

言われるまま11.1Vで作動させていたら壊れた・・・(涙)


と言う依頼です。


早速メカBOX内部を確認!




おお~っ!見事にピストンが逝ってますね~。

メーカー修理だとピストンの歯が全部金属歯のピストンに交換らしいけど、それでは根本的な解決にはならない気が・・・

ハイ、じゃぁ何でピストンが舐めてしまったか?

確実にバッテリーのオーバーパワーですね。これじゃぁ速く回りすぎてフルストロークだと間違いなく故障するわな~。
しかも、プレデターには25000と記載のあるモーターが搭載されていて、これも原因のひとつでしょうね(苦笑)










しかも







破損したピストンをピストンだけメカBOXに組み込んで前後の作動を確認してみたら、メカBOXに挟まれた状態になり、動きが渋い・・・(T_T)



ギアの回転は速い・・・
ピストンの作動は渋い(遅い)・・・











さよなら~~(T_T)/~~~











ってな流れですな。






・・・という事で、今回の作業はセクターギアを加工してショートストローク化。ピストンはショートストローク対応のピストンに交換。
メインSPはハイサイクル用SPに交換。その他加工調整を施し完成!もちろんFCUはそのままで(もったいないもんね!)

完成し、11.1Vで試射してみると











「速ッ!」(@_@;)










ちょっと速すぎるかな~って感じだったので、モーターもG&Gの18.000と記載されているモーターに交換してみたら・・・














「イイ感じじゃぁないですか!」












ちなみに7.4Vで作動させてみたら










作動するし・・・???










もしかしたらFCUが電圧が下がると回路的にカットしてしまうのか、もしくは25000モーターが大食いなのかって感じですね!(両方かもね)














同じカテゴリー(カスタム日誌)の記事画像
KRYTAC LVOA分解手順~其の壱~
G&G G2メカBOXを開けてみたぞ!
トリガーショートストロークパーツ組込
TRIDENT ALPHA CRBカスタム
krytac Mk2 CRB メカBOX分解
攻殻機動隊 シュレーディンガー製作!
同じカテゴリー(カスタム日誌)の記事
 KRYTAC LVOA分解手順~其の壱~ (2018-03-27 16:09)
 G&G G2メカBOXを開けてみたぞ! (2018-03-21 15:44)
 トリガーショートストロークパーツ組込 (2018-03-16 21:10)
 TRIDENT ALPHA CRBカスタム (2018-02-23 20:53)
 krytac Mk2 CRB メカBOX分解 (2018-02-16 17:34)
 攻殻機動隊 シュレーディンガー製作! (2016-04-26 17:13)

Posted by 店長  at 13:07 │Comments(0)カスタム日誌

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。