海外製エアソフトガンをお持ちで(動かない、飛ばない、)などの話を良く耳にします。残念ながら海外製エアソフトガンのクオリティーは低く、箱だしですぐに使用出来る物の方が少ないのが現状です。また、同じメーカーなのに「今回はここはOKだけどここがダメ」といった具合に個体差が激しく、調整も1丁1丁違う調整を行わないといけない様な完成度が多いです。当店では20年間で培った技術と知識を生かし、エアソフトガンの再調整やカスタムを行い、本来の性能を引き出す作業を行っています。
お困りのお客様、お気軽にお問い合わせ下さい。

2012年08月18日

マルイ次世代M4流速カスタム修理

ど~もです(^O^)

今回はマルイ次世代電動ガンの修理依頼のお話でっす!

他店でカスタムをされたのですが、「ギアが空回りしてしまう」との事で
当店に入院となりました。

内部カスタムは今流行り?の流速カスタムと呼ばれているもの・・・



だけど・・・




メカBOXを開けてみてビックリ!
((((;゚Д゚))))




なぜなら





中華パーツのオンパレード!!
Σ(゚д゚lll)


中華パーツがすべて悪いとはいいませんけど・・・



パーツ選択が・・・(/ω\)


それに・・・
シリンダーは真鍮ボアアツプで押すと潰れるし、シリンダーヘッドはボアアップじゃないので
シールテープグルグル巻゚(゚´Д`゚)゚






う~ん(ーー;)



んで




結局空回りの原因は

コレでした!

中華ピストンですな





わかります?




ピストン後部が楕円にΣ(゚д゚lll)





写真左はマルイピストン

電動ガン全般に言えることですが、特に次世代はギアによってピストンが上方向に強く押されるので
ピストンが変形してしまってこのような症状が出たのではないかと・・・

他のパーツは調整で何とかなりましたがさすがにピストンは交換となりました。



そして・・・



チャンバー部の調整をしようとインナーバレルを外し、分解した





その時!Σ(゚д゚lll)





電気なまず(辛口)の中央あたりから色が変わってる???


よく見ると・・・






な、なんだ?片方をカットしてある(;゚Д゚)!







ふと、インナーバレルを見てみると




ガーン!( ̄□ ̄;)






インナーバレル後部にあるスリットがズレてる(><)

このまま組んだら確実に弾道は






曲がる!!!(T . T)







加工調整でなんとか弾道は安定したけど


ちょっとガッカリな気分です。


 






同じカテゴリー(カスタム日誌)の記事画像
KRYTAC LVOA分解手順~其の壱~
G&G G2メカBOXを開けてみたぞ!
トリガーショートストロークパーツ組込
TRIDENT ALPHA CRBカスタム
krytac Mk2 CRB メカBOX分解
攻殻機動隊 シュレーディンガー製作!
同じカテゴリー(カスタム日誌)の記事
 KRYTAC LVOA分解手順~其の壱~ (2018-03-27 16:09)
 G&G G2メカBOXを開けてみたぞ! (2018-03-21 15:44)
 トリガーショートストロークパーツ組込 (2018-03-16 21:10)
 TRIDENT ALPHA CRBカスタム (2018-02-23 20:53)
 krytac Mk2 CRB メカBOX分解 (2018-02-16 17:34)
 攻殻機動隊 シュレーディンガー製作! (2016-04-26 17:13)

Posted by 店長  at 17:23 │Comments(0)カスタム日誌

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。