海外製エアソフトガンをお持ちで(動かない、飛ばない、)などの話を良く耳にします。残念ながら海外製エアソフトガンのクオリティーは低く、箱だしですぐに使用出来る物の方が少ないのが現状です。また、同じメーカーなのに「今回はここはOKだけどここがダメ」といった具合に個体差が激しく、調整も1丁1丁違う調整を行わないといけない様な完成度が多いです。当店では20年間で培った技術と知識を生かし、エアソフトガンの再調整やカスタムを行い、本来の性能を引き出す作業を行っています。
お困りのお客様、お気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年11月27日

NONSTOP6 2013 in BB-JUNGLE 1st Stage

11月24日
NONSTOP6 in BB-JUNGLE 1st Stage終了


いや~、凄かった!

今回のN6はまさに「激闘」という言葉が似合う凄まじい撃ち合いがSTARTから
展開され、参加者の士気の高さといったら今までで最高ではないかと思うくらい
NONSTOP6のタイトル、「火力」「体力」「判断力」のぶつかりあいとなった。



リニューアルしたBB-JUNGLEはバリケードや小屋、塹壕が増設され、PLAYした人はわかると思いますが、無造作に設置されているのではなく1個1個考えられて設置されているのでそのせいもあって今回の「激闘」が繰り広げられたのか・・・。
スタッフとしてフィールドに入り、GAMEを観ていると




俺もやりたい!






と本当に思いました。

1st Stage終了時の個人&TEAM POINTが出ましたので興味のある方は当店HPよりご確認下さい。また、スタッフが流れ弾に被弾しながら撮影したGAME PhotoもUPしましたのでご確認下さい(笑)

POINT&Photoはコチラ
 ↓
http://www.czhobby.com/

1st Stageご参加頂いた皆さま、本当にお疲れ様でした。
2nd Stageは「激闘」を超える熱い戦いを期待してます!
また、2nd Stageから参加をお考えの方、是非「止まらない6時間」を体感してみてください。
2nd Stage参加受付は12月2日より開始いたします
皆さまのご参加お待ち致しております。



BB-JUNGLEはフィールドの拡張に伴い、バリケードや小屋、塹壕が増設。
セフティーゾーンも新規に設置、水洗トイレ、更衣室も新設され大規模リニューアルされました。
2nd Stage時はどうなってるんだろう・・・楽しみですな!!





  


Posted by 店長  at 12:13Comments(0)サバイバルゲーム

2013年11月25日

「NONSTOP6 2013 in BB-JUNGLE 1st Stage終了!



参加頂いた皆さま




お疲れ様でしたm(__)m






今回のNONSTOP6、一言で言うと







「激戦!!」









凄まじかったですね~!

STARTから終了まで激しい打ち合いが展開され、まさしく「敵の前線を貫くのは火力か・体力か・判断力か・・・」ってな激闘でしたね。

あまりにも激しい撃ち合いが展開されていたためGAME中の写真が








撮れない(汗)









しかし、流れ弾に耐えながら撮ったGAMEPhotoがありますので、中間結果とあわせて近日中にUPしますので
しばらくお待ちください。





2nd Stageは12月22日(日)開催!
12月1日より参加受付開始しますのでお時間の都合があいましたら是非ご参加下さい。





  


Posted by 店長  at 13:14Comments(0)サバイバルゲーム

2013年11月04日

G&G F2000修理

ここんとこ
G&G F2000のカスタム&修理がちょくちょく入ってきます。
そんな中、預かったF2000に共通しているのが
「トリガーを引いても作動しない、&セミオートが効かない」
という症状

トリガーを引いても作動しなくないのはまぁ、どんな電動ガンにもありますが
セクターギアが変な位置で止まってしまうと起きる症状で、通常は一度フルオートで
動かせば解消するのですが、M4系やAK系などと違い、F2000はスイッチの構造が全く違うため
一度この症状になるとフルオートも作動しなくなってしまいます。
マルイ電動ガンのP90なんかもこの症状が出ますね!

F2000メカBOX



構造はこのようになっています。

スイッチ部拡大写真



「フル/セミ」はトリガストロークで決まり、セミオオ-トの時はトリガーが途中までしか引けず、フルオート時は最後まで引き切ることが出来るようにセレクターで制御されています。
スイッチ自体はフルオート時でもセミオートスイッチも作動しますので、構造上フルオート時でもトリガーをゆっくり引いてしまうとフルオートスイッチに入る前にカットオフがかかり、セミオートになってしまします。

また、ギアが変な位置で止まってしまうとカットオフレバーが若干動いてしまい、スイッチが接点に触れる前にカットオフレバー部を乗り上げ、スイッチが入る前に戻ってしまい作動しなくなる。簡単に言うと「トリガーがスカってしまう。」症状が発生してしまう。
先ほど述べた様に、「セミオートスイッチ」→「フルオートスイッチ」の順に接点が触れるので、セミオートスイッチに接点が触れる前にスイッチが戻ってしまうとフルオートに切り替えても接点が触れる前にスイッチが戻ってしまうので、いくらトリガーを引いても「作動しない」という症状になるわけです。

解消法としては、フルオートスイッチ接点に強制的に作動させる別のスイッチをつけて、症状が発生した時にそのスイッチを押し、一度フルオートで作動させ、ギアの停止位置を変えて上げるとまた正常に作動します。
P90にもよくやりましたよね(*^_^*)


問題はカットオフレバー!




今まで何度かF2000の修理作業をしましたが、大抵上の写真のようにカットオフレバーのセクターギアに掛かる部分が「なめた」様に削れ、カットオフレバーが動かず「セミオート」が効かない症状になっていました。
もともとF2000のカットオフレバーはセクターギアに掛かる部分が浅いため、消耗が早い様な感じがします。
もちろん交換すれば直るのですが、海外製のためパーツの入手が難しく、仮に取り寄せできても時間もかかってしまいます。



という事で



当店ではカットオフレバーの削れてしまった部分にピンを打ち込み、セクターギアに掛かる様加工し先端部を再生、カットオフレバーが作動する様に修理しました。

F2000をお持ちのオーナーさんは結構この症状でお悩みなのでは?



  


Posted by 店長  at 12:43Comments(0)カスタム日誌

2013年11月02日

「NONSTOP6 2013」最終戦開催!

2013年最後の「NONSTOP6」
BB-JUNGLEフィールドで開催決定!



11月1日より参加受付開始致しました!!
参加募集定員140名(定員数に達した時点で締め切ります)


*18才未満の参加者は保護者同伴もしくは同意書を持参の上
20分程度の講習を受けていただき、ゲームを理解した上で参加していただきます。


参加受付及びルール・レギュレーションはコチラ
 ↓  ↓
http://www.czhobby.com/

皆様のご参加お待ち致しております。




「NONSTOP6」とは
その名の通りGAMEスタートから6時間GAMEを行って頂くイベントGAMEです。
弾の補給や食事、休憩など(トイレは別)すべてフィールド内で行っていただきます。
GAMEは止まりませんので自陣にて弾の補給や食事、休憩中でも何時敵の襲撃
にあうか解らないスリル満載なGAMEとなっています。

ただ・・・

逆に考えれば、「自分のペースでGAMEが出来る。」とか

「あそこらへんでヤラれたからやり返しに行く。」・・・とか

サバゲーを始めたばかりで敵を見つける前にHITしてしまって
セフティーで休憩してる時間が長い・・・なんて方には最適!


自分を追い込み、過酷なGAMEを行う人もいれば
自分のペースでGAMEを行う人
まだサバゲーを初めて間もない人
上級者のひと
TEAMでの参加や個人での参加
さまざまなひとが方法で楽しめるGAMEとなっています。
  


Posted by 店長  at 11:55Comments(0)サバイバルゲーム