海外製エアソフトガンをお持ちで(動かない、飛ばない、)などの話を良く耳にします。残念ながら海外製エアソフトガンのクオリティーは低く、箱だしですぐに使用出来る物の方が少ないのが現状です。また、同じメーカーなのに「今回はここはOKだけどここがダメ」といった具合に個体差が激しく、調整も1丁1丁違う調整を行わないといけない様な完成度が多いです。当店では20年間で培った技術と知識を生かし、エアソフトガンの再調整やカスタムを行い、本来の性能を引き出す作業を行っています。
お困りのお客様、お気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年10月01日

C,Z定例サバイバルGAMEのお知らせ



Hobby Shop C,Zでは毎月サバイバル定例GAMEを主催しています。
18歳以上でルールを守って頂ける方であれば1名様から参加可能です。
レギュレーションは開催地によって異なりますのでご確認の上、お気軽にご参加下さい。

毎月第3週日曜日 BB-JUNGLEにて開催(弾数無制限)
B.B JUNGLEでは弾数無制限でのGAMEを行っています。広大なフィールドでバリバリ撃ちまくりたい方にオススメです。ブッシュも濃く障害物もあって、アタッカー、スナイパー、支援火器とどんなスタイルでも楽しんで頂けます。


毎偶数月(2.4.6.8.10.12月)第1週日曜日
Battle City UNIONにて開催(弾数制限あり)
Battle City UNIONでは弾数制限をさせて頂き、マガジンチェンジの難しさや楽しさを味わって頂きます。また、単独での行動の難しさ、複数人での攻略の楽しさを同時に味わって頂く事を目的としています。
GAME内容はフラッグ戦をメインに行い、定期的にフラッグポジションを移動し、攻略ポイントを定まらない様に行っています。


GAMEに関し、ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL/FAX043-239-6610

  


Posted by 店長  at 14:43Comments(0)サバイバルゲーム

2010年10月01日

ARES製タボールカスタム





こんにちは!
本日ARES製タボールのカスタムのお話です。
購入時から初速が出ておらず、GAMEで使える様にしたいとの事でした。

 (Tavor TAR-21)はイスラエル国防軍向けに開発されたブルパップ方式アサルトライフルで、イスラエルのIMI(イルラエル・ミリタリー・インダストリーズ)社の小火器部門が設計し、その後の小火器部門が独立した民間銃器メーカーIWI(イスラエル・ウェポン・インダストリーズ)社がプロモーションして製作されたアサルトライフル。
 




まずは分解してメカBOXを取り出しました。ARES/STAR製のメカBOXはチャンバーが分離せず、メカBOXに挟みこんで組み込まれています。
 







インナーバレルの下に見える2本の棒はトリガーとセレクターに連動しています。
メカBOXが本体後部に位置し、トリガーとセレクターの位置がメカBOXから離れているためこの様な機構になっています。







 メカBOXを開いた状態です。
シリンダーヘッド、スプリングガイド、タペットプレートはオリジナルで市販のパーツでは代用がききません。「タペットプレートが折れた。」と言うお話を多く聞きます。当店では自作にてタペットプレートを作製し修理しています(結構大変なんですけどね!)



 

メインスプリングを外してみると、やはり切ってありました。
海外製には良くあるんですけど、何で日本仕様用にメインスプリングを造らないんでしょうね?









ARES純正ピストンです。開けてビックリ、ピストンの金属歯が曲がって入っているし、レール部分は欠けてるし(悲)
このまま使用するとクラッシュの原因となりますので交換ですな。
まず軸受けを8mmメタル軸受けから8mmベアリング軸受けに交換しました。
これによりギアにかかる摩擦抵抗が減り、よりギアの回転がスムースになります。








強化ギア、強化ピストン、アルミピストンヘッド、コーティングシリンダー、セクターチップを組み込みました。









ここで一手間!
市販のセクターチップだとあまり効果が得られない為ARES製タペットプレートに合せてセクターチップを作製しました。
給弾不良が起こらない様にタペットプレートの後退時間をなるべく長くさせる形状にしました。





 











すべてのパーツを組み込み、メカBOXを閉じた状態です。
今回のタボールに関し、苦労すいた所はやはり気密調整ですね。チャンバーも市販のものが使えずしかも完成度は低く、空気漏れの症状があり初速がなかなか安定しませんでした。試行錯誤の末、気密度が上がり、空気漏れの症状も無くなり初速も安定する様になりご依頼者様にお渡しできる様になりました。  


Posted by 店長  at 13:25Comments(4)カスタム日誌